黒タイツの匂いを楽しむ3つの方法

黒タイツにはさまざまな魅力がありますが、ここでは匂いに着目してどうしたら、満足できるかを考察していきます。

 

黒タイツに匂いが付くとすれば、季節は冬前後。匂いに関しては逆風になりますが、温かい室内での仕事やブーツ着用などの好条件が重なれば、匂いも期待できます。

 

匂いを楽しむ時に活躍するのが出会いを目的にしたマッチングサイト(出会いサイト)です。

 

出会いマッチングサイトの最終目的は、実際にリアルな足フェチプレイをしてくれる相手を探す事であることは疑いようがありません。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
ただし、必ずしも出会う必要があるわけではなく、女の子とのメッセージのやりとりだけで満足出来てしまえば、お財布にもやさしいです。

 

ここでは黒タイツの匂いフェチの方がマッチングサイトを利用する方法を目的ごとに解説してみます。

【1】実際に足の匂いなどを提供してくれる相手を探す(ハイリスクハイリターン)

マッチングサイトの王道がプレイパートナー探しであることは、真面目な出会いとあまり変わりありません。特に黒タイツの匂いに関しては、動画をなんど見ても満足することは出来ませんよね。

 

しかも、見る回数が増えるほど、余計に見たくなってしまうので逆効果です。

 

実は足の匂いを嗅ぐだけなら、プレイ自体はそれ程むずかしくはありません。女の子だって足の匂いを嗅がれるだけなら、意外にOKしてくれるものだからです。

 

しかし、実際に足の匂いがあることを前提にすると、昼間働いているなど相手が限られてしまいます。

 

せっかく会いたい女性が見つかっても、在宅の仕事をしている人が対象外になってしまうからです。

 

ホテルなどのプレイは女の子だけでなく、足の匂いフェチの男性だって不安なものです。いきなり知らない男が入ってきたら困ってしまいます。

 

実際に出会うとなると、満足感は高いかもしれませんが、その分リスクもあることを覚えておく必要があります。

 

女の子も本当はサイト上でやりとりしているだけの男性と個室で会うのは避けたいものなのです。1時間も匂いだけ嗅がすのは確かにラクかもしれませんが、同時に退屈でもあるからです。

 

貴重な1時間を失うくらいなら、働いていた方がマシと思われない工夫が必要になります。具体的には本や雑誌を用意しておくと喜ばれるかもしれません。

 

この事から実際にプレイパートナーを探すのは、ハイリスクハイリターンといえます。

【2】使用済み黒タイツを譲ってもらえる相手を探す(ミドルリスクミドルリターン)

リスクを下げるなら、メッセージのやりとりだけで、会わない選択肢もあります。しかし、黒タイツの匂いを想像するのがむずかしいなら、女の子が穿いていた黒タイツを譲ってもらう方法もあります。

 

受け渡し時間は女の子が仕事帰りに気軽に立ち寄れる、人通りの多い所にすると、成功確率は高まります。

 

黒タイツも誰のものか分からないと、あまり想像力も働きませんが、実際に受け渡しの時に相手の顔を見ている分、想像を働かせやすいです。

 

黒タイツの受け渡しで心配なのは、本当に女の子が今まで穿いていたタイツかということに尽きます。

 

しかし、わざわざ他人の穿いていた黒タイツを女の子がゲットする理由もないので、あまり心配はいらないかもしれません。

【3】メッセージのやり取りだけで妄想をふくらませる(ローリスクローリターン)

使用済み黒タイツの受け渡しだけで待ち合わせるのは面倒、ましてや実際に会って匂いを嗅ぐなんてリスクが有りすぎてムリという方でも満足できる方法が、メッセージのやりとりだけで、妄想をふくらませる方法です。

 

この方法なら、お金も時間もかからず、リスクも限りなくゼロに近いので、安全であることは間違いありません。

ただし、女の子のプロフィールやイメージ写真、メッセージに書かれている内容だけで、妄想する必要があるので、想像力が豊富な足フェチ男性限定となります。

 

もちろん、黒タイツに付いている匂いも想像するだけなので、本当にそれだけで満足できるかがポイントです。

 

どうしてもリアリティが湧かないなら、使用済みの黒タイツを用意しておく方法もあります。

 

直接の受け渡しがNGでも、フェチ系のお店ならオプション料を支払えば、使用済み黒タイツを持ち帰ることは可能なことが多いものです。

 

その際はお店によっては、黒タイツではなく、ストッキングになるかもしれません。

マッチングサイトの大敵!迷惑メールを見分ける方法

マッチングサイトを利用して嬉しいのが女の子から届くメールです。

 

メールは黙っていても届くことはありますが、それらの多くはいわゆる業者メール。一方、掲示板に書き込んでそれを見てくれて女の子から届くメールは真剣な内容が多いです。

 

掲示板に書いていない時に届くメールは嬉しい反面、怪しいことが多いです。そのようなメールはプロフィール検索で届くのですが、中身が一緒で、タイトルや名前が違っているので、トランプの神経衰弱をおこなっているようです。

 

このようなことがあるので、一応迷惑なメールと分かっていても、すぐに削除しないでおくと迷惑メールの傾向と対策がわかってくるのです。

 

それでは、今まで届いたメールを見ながら、迷惑メールの特徴をお教えします。これからマッチングサイトを利用する方の参考になると嬉しいです。

プロフィール検索経由で届くメールは迷惑メールの確率が高い

多くのマッチングサイトでは、メールが届くルートが掲載されています。それはプロフィール検索をして気になったから送ってくるか、掲示板に書いてある内容に興味があって送ってくるかの2択になります。

 

まず、プロフィール検索からのメールは疑ってかかりましょう。そもそも多くの男性が登録しているプロフィールからあなたをピンポイントで選ぶのは不自然だからです。

 

プロフィールがスカスカの状態なら、なおさらアヤシイです。

 

一方、掲示板に書き込んで、それに反応してくれたのなら、まじめなメールである可能性が高いです。

 

メールが届いたら、どこ経由で送られてきたのかは最低限チェックが必要になります。

顔写真付きのメールは注意が必要

メッセージボックスに届いたメールは一覧表示できるので、顔写真が掲載されている迷惑メールの多さがすぐにわかります。きっと画像は男性の注意を引くために、ネットなどから拾ってきたものなのでしょうか。

 

内容が同じで、タイトルやプロフィールが異なっていたメールの写真はそれぞれ異なっていたので、いろいろな写真があらかじめ用意されているのがわかります。

 

普通に考えたら、ボカシが入っていない写真を掲載するなどありえないですよね。でも、あまりに魅力的な写真が掲載されていると、その当たり前のことが忘れ去られてしまうのかもしれません。

 

反対に顔がはっきり写っていないメールは、まじめな出会いを求めている方である可能性は高いといえそうです。

初回のメールでメアドは絶対に教えない

最初に届くメールでいきなりメールアドレスを聞いてくるのも迷惑メール確定です。マッチングサイトでは、ある程度のメールのやりとりを行ってからでも、メールアドレスを教えるのは遅くありません。

 

相手のことをまだ良く分からない状態で、メールアドレスを教えるのはNGです。

 

マッチングサイトで禁止キーワードに設定されているのか、メアドはメア★ドなどの言葉に変換されていることが多いのも迷惑メールの特徴といえます。

ピンボケのメールは見分けやすい

プロフィールを見たわけでもない、ペラペラの中身がないメールも迷惑メールです。多くの男性に同じ文面を送るのなら、コピペでカンタンにできてしまいます。

 

反対に、自分のプロフィールを見て送ってきたメールなら、迷惑メールであっても、見分けがつかないかもしれません。

すぐに会おうとするならアヤシイ

会うことが前提になっているメールもアヤシサ抜群です。女の子だったら、メールのやりとりをしていない状態で男性に会うのは不安なもの。

 

男性の方だって、いきなり会うというのは、身構えてしまいますよね。女性が最初から会うこと前提に話を進めてくるのも、迷惑メールの特徴と言えます。